メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所 貴景勝、綱取り幻

4日目(13日・両国国技館)

 大関・貴景勝は平幕の宝富士に敗れて初日から4連敗。カド番の2大関は、正代は21歳の琴勝峰、朝乃山は阿武咲をそれぞれ降した。

 勝ちっぱなしは平幕の大栄翔、明生、明瀬山の3人となった。

いなされ泥沼4連敗

 貴景勝が初日からまさかの4連敗。場所前から注目された綱取りについての質問に伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)は「聞くこと自体がおかしい」とつっぱねた。今場所での横綱昇進の可能性はなくなった。

 押し相撲の相手に3連敗し、迎えたのは左四つ得意の宝富士。昨年は4戦4勝だった相手に土俵際まで押し込みながら、いなされると、右腕を手繰られ、最後は上手投げで土俵にはわされた。取組後は今場所初めて取材に応じず、国技館を後にした。

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです