メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル さつま町で3万3000羽殺処分 鹿児島で今季初

 鹿児島県は13日、簡易検査で陽性反応が出た同県さつま町の養鶏場の鳥インフルエンザについて、遺伝子検査の結果、高病原性の疑いがあると発表した。この養鶏場で飼育されている約3万3000羽の殺処分を始めた。県内の養鶏場では今季初、国内では15県目。

 12日に養鶏場から「普段より多くの鶏が死んでいる」と通…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです