メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ・緊急事態

愛知・岐阜追加 飲食店「我慢いつまで」 売り上げ減、先行き見えず

緊急事態宣言に先立ち、臨時休業する飲食店も見られた名古屋・錦の繁華街=名古屋市中区で2021年1月13日午後7時36分、兵藤公治撮影

 新型コロナウイルス感染拡大で「夜の街」の厳戒態勢が再び首都圏から全国の都市部に拡大される。政府の緊急事態宣言の対象に愛知、岐阜両県や大阪府など7府県の追加が決まった13日、各地の飲食店主らは「要請通り時短を続けてきたが、いっこうに効果がない。経営は苦しく、先行きも見えない」と不安や不満の声を漏らした。

 名古屋市中区の馬肉料理専門店「蹄」は、政府の要請に従い、午後8時に閉店する予定だ。店長の大藪国博さん(50)は「県の要請に従わない店に客が集まっているのが現状で、効果があるのか分からない。第1波の時と同じような政策を繰り返すだけでは飲食業界が苦しむだけだ」と政府への不信感を口にする。「常連さんが支えてくれて経営はどうにか成り立っているけれど、いつまで我慢すればいいのか。見通しも立たず苦しい」と話…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです