メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賠償額の増額命令 名古屋高裁「訴訟権利、奪った」 難民不認定者

 難民不認定処分を受けた南アジア出身の40代男性が処分翌日に強制送還され、裁判を受ける機会を侵害されたとして330万円の国家賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁は13日、国に8万8000円の支払いを命じた1審・名古屋地裁判決を変更し、44万円の賠償を命じた。萩本修裁判長は「送還まで第三者との連絡を認めなかったなどの入管職員の行為は司法審査を受ける権利を実質的に奪った」と認定した。

 判決などによると、母国で政治活動をしていた男性は迫害を恐れて来日。不法残留で2010年6月に国外退去を命じられたため、難民認定を申請したが認められなかった。異議を申し立てたが14年12月に名古屋入国管理局(現・名古屋出入国在留管理局)から棄却決定を告げられ、告知翌日に強制送還された。

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです