メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重県が独自の「警戒宣言」 18日から2月7日まで

鈴木英敬・三重県知事

[PR]

 三重県は14日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が愛知、岐阜両県に発令されたことを受け、三重県独自の「緊急警戒宣言」を出した。愛知に近い三重県北部の桑名、四日市、鈴鹿3市で酒類を提供する飲食店に午後9時までの営業時間の短縮を要請。周知期間を経て18日から実施する。2月7日までの21日間で、要請に応じた店舗に84万円を支給する。また、県境を越える移動について生活の維持に必要な場合を除き自粛するよう求める。

 鈴木英敬知事は「県内の感染者が増加傾向で爆発的な感染を食い止める瀬戸際。そのために宣言を発出させていただく」と述べた。【森田采花】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  5. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです