メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京円、103円台後半 米追加経済対策に期待感、ドル買い先行

[PR]

 14日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=103円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比24銭円安ドル高の1ドル=103円92~96銭。ユーロは11銭円高ユーロ安の1ユーロ=126円41~43銭。

 巨額の米追加経済対策がまとまるとの期待から、円を売ってドルを買う動きが先行した。その後は国内輸入企業による円売りドル買い注文も出て、円は下げ幅を広げる場面もあった。

 外為ブローカーは「東京株の上昇も投資家を強気にさせ、相対的に安全資産とされる円の売りを促した」と話した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです