メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京円、103円台後半 米追加経済対策に期待感、ドル買い先行

[PR]

 14日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=103円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比24銭円安ドル高の1ドル=103円92~96銭。ユーロは11銭円高ユーロ安の1ユーロ=126円41~43銭。

 巨額の米追加経済対策がまとまるとの期待から、円を売ってドルを買う動きが先行した。その後は国内輸入企業による円売りドル買い注文も出て、円は下げ幅を広げる場面もあった。

 外為ブローカーは「東京株の上昇も投資家を強気にさせ、相対的に安全資産とされる円の売りを促した」と話した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです