メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル帰国家族感染のコロナ新変異株、北西部アマゾナス州由来か

[PR]

 ブラジルから羽田空港に到着した4人の感染が確認された新型コロナの新たな変異株について、ブラジルの国立研究機関の研究者は13日、共同通信に対しブラジル北西部アマゾナス州由来との見方を示した。同州は4人の出発地で現在、感染が急拡大している。

 国立研究機関オズワルド・クルス財団アマゾニアのフェリペ・ナベカ研究員によると、日本で確認された変異株はアマゾナス州で多く確認されたものと同様の変異をしており、形態から感染力が従来より強い懸念があるという。

 同研究員によると、4人は日本人家族。確認された変異はアマゾナス州で確認された変異と非常に近かった。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです