メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ、中国ワクチンを承認 医療従事者から接種

[PR]

 トルコ医薬品規制当局は13日、中国の製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。14日から医療従事者を中心に接種が開始される。

 ワクチンを接種する様子をテレビ中継したコジャ保健相は「これからの日々が明るくなると信じている」と語り、国民に接種を呼び掛けた。医療従事者や高齢者から接種を開始し、慢性疾患のある人々に拡大する方針。

 シノバック製ワクチンの接種はインドネシアでも始まったが、有効性に関して異なる評価が出ている。トルコの臨床試験の中間報告では91・25%とされた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです