メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国連大使、台湾総統と電話協議 「友人として支持」表明

 14日、台湾総統府でクラフト米国連大使と電話協議する蔡英文総統=台北(総統府提供・共同)

[PR]

 クラフト米国連大使は13日、台湾の蔡英文総統と電話協議し、米国が「友人、パートナーとして台湾を支持する」ことを表明した。ツイッターで明らかにした。

 クラフト氏は、新型コロナウイルス対策や科学技術分野などを挙げながら「台湾が世界のモデルとなっている多くの点について議論した」と強調。中国の妨害で台湾の国際機関への参加が制限されているため「残念ながら、台湾はそれらの成功を共有することができない」と指摘した。

 また、台湾総統府によると蔡氏は、クラフト氏が「台湾の国際社会参加に確固たる支持」を表明していることに謝意を表明した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです