メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島市職員を停職1カ月処分 住民の勤務先に苦情メール、暴言

福島市役所=荒川基従撮影

[PR]

 福島市は12日、トラブルとなった近隣住民の勤務先へ苦情のメールを送信したり、上司や他の職員に暴言を吐いたりしたとして、50代の男性職員を停職1カ月の懲戒処分とした。処分は12日付。

 市によると、男性は2020年10月中旬、自宅近くの住民とトラブルになり、勤務中に相手の勤務先へ苦情メールを送ったり、電話をかけて対応した事務員に「会社に殴り込むぞ」など暴力的な発言をしたりした。市は、同月下旬に相手から相談があって初めて把握。11月下旬に男性へ聞き取りを行い、男性が送ったメールや電話の録音などを提示したが、「自分はやっていない。家族がやったことだ」などと否認している。

 また男性は、他の職員に放火や傷害をほのめかす暴言を吐いたり、休日や深夜に上司へ電話をかけ、脅迫するような発言をしたりしていた。【磯貝映奈】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 入院調整中の患者1人死亡 経過観察中に容体急変 栃木

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  5. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです