メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島市職員を停職1カ月処分 住民の勤務先に苦情メール、暴言

福島市役所=荒川基従撮影

[PR]

 福島市は12日、トラブルとなった近隣住民の勤務先へ苦情のメールを送信したり、上司や他の職員に暴言を吐いたりしたとして、50代の男性職員を停職1カ月の懲戒処分とした。処分は12日付。

 市によると、男性は2020年10月中旬、自宅近くの住民とトラブルになり、勤務中に相手の勤務先へ苦情メールを送ったり、電話をかけて対応した事務員に「会社に殴り込むぞ」など暴力的な発言をしたりした。市は、同月下旬に相手から相談があって初めて把握。11月下旬に男性へ聞き取りを行い、男性が送ったメールや電話の録音などを提示したが、「自分はやっていない。家族がやったことだ」などと否認している。

 また男性は、他の職員に放火や傷害をほのめかす暴言を吐いたり、休日や深夜に上司へ電話をかけ、脅迫するような発言をしたりしていた。【磯貝映奈】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです