メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2人殺害で元自衛官黙秘 富山の交番襲撃で初公判 弁護側、刑事責任能力争わず

富山地裁、富山家裁、富山簡裁が入る庁舎=高良駿輔撮影

[PR]

 富山市の交番で2018年6月、警察官が刺殺され、奪われた拳銃で警備員が射殺された事件で、強盗殺人や殺人などの罪に問われた元自衛官、島津慧大(けいた)被告(24)の裁判員裁判の初公判が14日、富山地裁(大村泰平裁判長)であった。被告は黙秘して起訴内容の認否を明らかにしなかった。

 起訴状によると、被告は18年6月26日、富山県警富山中央署奥田交番で勤務中の稲泉健一警視(当時46歳)=警部補から2階級特進=をナイフで刺殺して拳銃を強奪。近くの市立奥田小で警備中の中村信一さん(同68歳)を射殺したなどとされる。

 検察側は冒頭陳述で「中学卒業後、両親に対する暴力で警察官に対応されて以来、被告は警察に嫌悪感を抱いていた」と指摘した。事件当日、アルバイト先の飲食店店長に立腹して暴行後、自暴自棄になって事件に及んだと主張。「拳銃を持って社会を守る警察官に勝利することで、自分の力を誇示したいと考えた」と述べた。

 これに対し、弁護側は「拳銃を奪う意思は警察官殺害後に生じた」と訴えて強盗殺人罪の成立を否定。殺人と窃盗の罪に当たるとした上で、「自分よりも強い武器を持つ相手と戦うための犯行で、拳銃を奪うためではなかった」と訴えた。警備員に対する殺人罪は認めた。

 検察側と弁護側双方による精神鑑定が行われたが、弁護側は被告の刑事責任能力については争わない方針。今後は強盗殺人罪が成立するかどうかや量刑が争点となる。【高良駿輔、砂押健太】

子どもの頃から孤立、家族に暴力

 島津被告はこの日、車椅子で入廷。黒いスーツ姿で、長髪を後ろで束ねていた。裁判長から名前を尋ねられても一切口を開かず、何も語らなかった。

 弁護側によると、被告は小学生の頃から同級生となじめずに孤立していた。校外学習に参加せずに1人で学校に残ったことも。中学から不登校になり、家族に暴力を振るったり、金属バットを持って暴れたりするようになった。

 中学卒業後には、開いたままの自室の窓から雨が入ってぬれたことに立腹し、寝たきりの祖母や父親などを暴行。110番されて警察沙汰になった。「今度警察に言ったら殺すぞ」と言って父親に暴行し、肋骨(ろっこつ)を骨折させた。その後、家族が一度家を出て被告は1人で暮らした時期もある。

 ただ、父親の受験指導を受けて自衛隊に入って以降は、家族の誕生日にプレゼントを贈るなど安定していた時期もあった。しかし、2年ほどで除隊し、その後に就職した電気工事会社でもなじめずに退職してから暴力が再開したという。

 弁護側は被告について「何ら支援や療育がなく、社会に適応できない時間が続いていた」とした。【高良駿輔、砂押健太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです