メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大飯原発の設置許可効力停止を」 住民側が大阪高裁に申し立て

大阪高裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影

[PR]

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の設置許可取り消し訴訟に関連し、住民側は14日、控訴審判決まで許可の効力を停止するよう大阪高裁に申し立てた。「事故が起きれば重大な被害を受けるため、関電が法的に運転できないようにする緊急の必要がある」と主張している。

 申し立てたのは福井県や近畿地方の住民ら計14人。2020年12月の大阪地裁判決は、「原子力規制委員会の判断に看過しがたい過誤がある」として、国の設置許可を取り消す判断を示した。しかし、国側が控訴し、取り消しの効力は発生していない。

 規制委は大飯原発3、4号機について、東京電力福島第1原発事故(11年)後に厳格化された新規制基準に適合するとして、17年5月に設置許可を出した。現在は2機とも定期検査中。

「4号機、15日に原子炉起動、17日から発電開始」関電

 一方、関電は14日、4号機について15日に原子炉を起動し、17日から発電を開始すると発表した。同社の全原発が停止していた状態が約2カ月半ぶりに解消される。厳しい寒さなどで逼迫(ひっぱく)していた電力需給は改善する見通し。3号機の再稼働時期は未定。【藤河匠、大島秀利】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  2. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです