メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島・諏訪之瀬島の噴火警戒レベルを2に引き下げ 活発化示すデータなく

気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影

 気象庁は14日、鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬島の噴火警戒レベルを、3の「入山規制」から2の「火口周辺規制」に引き下げた。

 諏訪之瀬島では昨年12月28日、御岳火口で噴火が発生。気象庁は同日、警戒レベルを2から3に引き上げた。同29日以降、火口から1キロを超えて飛散する大きな噴石は確認されず、火山…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです