メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に

「工藤会」トップに死刑求刑 市民襲撃4事件 福岡地裁公判

福岡地裁などが入る庁舎

[PR]

 全国で唯一の特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)が関与したとされる市民襲撃4事件で、殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などの罪に問われた同会トップで総裁の野村悟(74)とナンバー2で会長の田上不美夫(たのうえふみお)(64)両被告の公判が14日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった。検察側は「極刑をもって臨まなければ社会正義を実現できない」と述べ、野村被告に死刑を求刑。田上被告には無期懲役、罰金2000万円を求めた。

 検察側によると、指定暴力団のトップに死刑が求刑されるのは極めて異例。

 両被告は①北九州市の港湾関連工事などに強い影響力を持っていたとされる元漁協組合長の男性射殺(1998年)②工藤会の捜査を担当していた元福岡県警警部の男性銃撃(2012年)③野村被告の下腹部の脱毛施術などを担当した女性看護師刺傷(13年)④元漁協組合長の孫の歯科医師男性刺傷(14年)――の4事件で起訴された。

野村、田上両被告の刑事事件を巡る主な経緯

 検察側は論告で、4事件の背景には工藤会が狙う利権や、野村被告らの個人的な不満や恨みがあったと指摘。いずれの事件も両被告の出身母体である工藤会の2次団体「田中組」が組織的に関与し、トップに立つ野村被告が4事件の首謀者で「各犯行の際立った悪質性の元凶」と非難した。

 そのうえで、検察側は4事件の死者は1人ではあるが、被害者が一般市民であり「長きにわたり工藤会を率いて、危険性のある犯行を計画的、組織的に繰り返しており、人命軽視の姿勢は顕著」と指摘。「反社会的な性格が強固で、反省、悔悟の情は一切見て取ることができない」と更生の可能性がない点も挙げ、野村被告に極刑を求めた。

 田上被告に対しても検察側は「野村被告と共に工藤会を統率する立場で、刑事責任は野村被告に次いで重い」と主張した。

 両被告は公判で無罪を訴え、野村被告は「隠居の身だ」と述べ、組員に指示する立場でなかったと強調した。弁護側の最終弁論は3月11日に予定されており、結審する見通し。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです