メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「もう限界」とため息も 札幌・ススキノの飲食店に自粛要請再び

ススキノ交差点=札幌市中央区で、田中龍士撮影

[PR]

 2020年12月26日に時短営業の要請が解除された後、わずか3週間で再要請となった北海道・札幌ススキノの飲食店の関係者からは嘆きが漏れた。

 バーやレストランなど3店舗を経営する「esエンターテイメント」の鈴木慎也社長(38)によると、26日以降も店の客足はほとんど戻らなかったという。「集中対策期間で要請内容が変わっており、分かりづらく、『とりあえずススキノに行くのはやめよう』という人がほとんどなのではないか」と鈴木さん。行政に対し「中途半端に自粛要請を繰り返すくらいなら、一旦緊急事態宣言を出して分かりやすく対策してほしい」と要望した。

 海鮮居酒屋を経営する男性(57)は「これだけ自粛が続くと、収束しても人出は戻らないんじゃないか、という不安がある。もう限界。店を閉めるかどうか決めないといけないね」とため息をついた。【土谷純一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです