メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市、BCP発動 コロナ対応に職員を集中投入

名古屋市役所=名古屋市で、鮫島弘樹撮影

 名古屋市は14日、一部の業務を縮小して新型コロナウイルス対応に職員を集中投入するため、災害など緊急事態を想定して策定した業務継続計画(BCP)を発動した。行事や講習会などの不急業務を縮小し、その分の人員をコロナ感染者の健康観察やワクチン接種に向けた準備に充てる。

 国の緊急事態再宣言を受けたもの。市は2…

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです