メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・武宮正樹九段が1200勝達成 史上10人目

武宮正樹九段

[PR]

 囲碁棋士の武宮正樹九段(70)=日本棋院東京本院所属=が14日、東京・市ケ谷の日本棋院で打たれた棋聖戦予選で原幸子四段(50)に勝ち、公式戦通算1200勝(764敗2ジゴ=引き分け)を達成した。史上10人目。

 武宮九段は東京都出身で1965年入段。76年の第31期本因坊戦で二十四世本因坊秀芳(72)=石田芳夫九段=から本因坊を奪取。85~88年には4連覇を果たし、本因坊通算6期。7大タイトル通算獲得は10期。

 通算勝数1位は二十五世本因坊治勲(64)=趙治勲九段=の1557勝。【丸山進】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです