メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和高田市教委元幹部恐喝 被告に猶予判決 奈良地裁葛城支部

裁判所=ゲッティ

[PR]

 奈良県大和高田市教育委員会の元幹部ら5人から現金計約1128万円を脅し取ったなどとして、傷害と恐喝の罪に問われた同市の中古車販売業、早川裕士被告(46)に対し、奈良地裁葛城支部は14日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)を言い渡した。

 奥田哲也裁判官は判決で「暴力や脅迫による(被害者の)畏怖(いふ)に乗じ、繰り返し金銭を脅し取る中でのやくざまがいの卑劣な犯行で結果も重大」と断じた。一方、反省の態度を示し、被害弁償が進んでいることなどから、執行猶予を付けた。

 判決などによると、早川被告は2017年6月~19年10月、同市内のカラオケ店や自身の事務所に元幹部らを呼びつけ、ワインがこぼれてシャツが汚れたとして50万円を、居眠りをしたと因縁をつけて100万円を脅し取るなど、計約1128万円を支払わせた。【小宅洋介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入禁止なのに「含まれていない」として輸入? 石綿水際対策の実態

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 「ラブライブ!」Tシャツを無断販売の疑い 35歳無職を書類送検 神奈川県警

  4. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです