東京・調布の道路陥没 新たな空洞か 住民「できる限り地盤の調査を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
10月に陥没した住宅街の道路=東京都調布市で2020年10月18日、本社ヘリから玉城達郎撮影
10月に陥没した住宅街の道路=東京都調布市で2020年10月18日、本社ヘリから玉城達郎撮影

 東京都調布市の住宅街で道路が陥没した問題で、東日本高速道路は14日、付近の地下で新たに空洞とみられるものが見つかったと明らかにした。同社は周辺住民に知らせ、避難を希望する人にはホテルを用意している。

 同社によると、14日昼ごろ、調布市東つつじケ丘2の陥没地点の北側約120メートルでボーリング調査をしていたところ、地表から約16メートルでくいに抵抗がない地点…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

あわせて読みたい

注目の特集