遺伝子検査 提供企業に根拠論文開示を要求 経産省、今年度中に指針策定へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
経済産業省は遺伝子検査を5段階に分類することを検討している
経済産業省は遺伝子検査を5段階に分類することを検討している

 経済産業省は生活習慣病などのリスクを調べたり、婚活サービスの一環として相性の良い相手を分析したりする遺伝子検査サービスを提供する事業者に対し、科学的根拠とする学術論文を開示するよう求めるガイダンス(指針)を今年度中に策定する方針を固めた。

 遺伝子検査サービスはインターネットで簡単に業者とやり取りできるものが多いが、医療関係者らの間には根拠を疑問視する意見があり、一定のルール作りが必要と判断した。検査の透明化を図る…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

あわせて読みたい

注目の特集