メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東福岡高男子バレー部でコロナ感染 部員ら10人 10日に全国優勝

東福岡高校=福岡市博多区で2017年3月16日、本社ヘリから田鍋公也撮影

[PR]

 東福岡高校(福岡市)は14日、東京都内で開催された全日本高校選手権(1月5~10日)で5大会ぶりに優勝した男子バレーボール部の部員9人と指導者1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。大会中に首都圏で緊急事態宣言が出たため、PCR検査をした結果、陽性が判明した。

 東福岡高によると、大会には部員28人と指導者5人が参加。決勝の翌日の11日に福岡県内に戻り、部員は自宅や寮、指導者はホテルに待機してPCR検査を受けた。部員、指導者とも登校はしておらず、学校関係者との接触はないため、21日以降に予定している入学試験は消毒などの対策を取ったうえで実施する。【高橋慶浩】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  5. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです