メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグが政治献金一時停止へ トランプ支持者議会襲撃受け プロスポーツで初

 米大リーグの公式球(AP=共同)

[PR]

 トランプ米大統領の支持者による連邦議会議事堂襲撃を受け、大リーグ機構(MLB)があらゆる政治献金を一時停止すると13日、AP通信が報じた。主要プロスポーツでは初の措置という。

 専門の非営利団体によると、MLBは2016年の大統領選以降、政治活動委員会(PAC)と呼ばれる団体を通じ、上下両院の議員候補に約67万ドル(約7000万円)を提供してきた。18年にはマイナー選手の年俸を最低賃金の対象外とすることを含む法案の可決につながったとされる。

 議会襲撃を巡っては、米企業の間で政治献金を停止する動きが相次いでいた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです