メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー・トップリーグ開幕、2月上旬から中旬に 期間も短縮 コロナ感染拡大受け

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、日本ラグビー協会は14日、16日のトップリーグ(TL)開幕を延期すると発表した。新たな開幕日は2月上旬から中旬となる見込みで、大会の実施方式を変更して期間を短縮する。

 TLではキヤノン、サントリー、トヨタ自動車の選手ら計44人に新型コロナの陽性者が確認されたとして、日本協会は既に16、17日に実施予定だった第1節の計2試合の中止を決定していた。日本協会によると、さらに神戸製鋼10人、東芝5人、NEC3人の陽性者が出たため、第2節以降にも影響が及ぶと判断した。岩渕健輔専務理事は「より多くの試合を中止する必要が出て、(シーズン成立の条件である)75%を満たす可能性が低くなった。何としても大会を成立させたい」と語った。

 今季のTLは、16チームを2組に分けた総当たり戦の第1ステージ▽下部に当たるトップチャレンジリーグ(TCL)の上位4チームを加えた計20チームを4組に分けて実施するリーグ戦の第2ステージ▽各組2位までが進むプレーオフ――の3ステージ制を予定していた。新たな大会方式では第2ステージを省略し、プレーオフをTL16チームとTCL上位4チームによるトーナメント戦への変更を検討している。【大谷津統一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです