メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

管理態勢に疑問の声 コロナで開幕延期のラグビーTL 「これ以上どうやって…」

昨年のラグビー・トップリーグ開幕戦。東芝対サントリーの試合には大勢の観客が詰めかけた=東京都港区の秩父宮ラグビー場で2020年1月12日、長谷川直亮撮影

 ラグビー・トップリーグ(TL)の先行きに暗雲が垂れこめている。6チームの選手・スタッフら計62人が新型コロナウイルス陽性と確認され、日本ラグビー協会は14日、開幕を16日から2月上旬~中旬に延期した。ラグビーは1チーム15人の多人数でプレーし、スクラム、タックルなどコンタクトプレーも多い。姿の見えない感染症への対応に苦慮するラグビー界の現状に迫った。

「結果を見て驚いているのが正直なところ」

 開幕2日前の判断だった。キヤノン、トヨタ自動車、サントリーで判明していた計44人の陽性者に続き、新たに神戸製鋼、東芝、NECの計18人が陽性と確認された。シーズン成立が困難となる状況が予想され、開幕延期と大会方式の変更にかじを切った。岩渕健輔専務理事は「できるところだけでやる議論もあったが、今のフォーマット(方式)でやっても成立が難しく、グレーで進めるのは好ましくない」と語った。

 「結果を見て驚いているのが正直なところ」と吐露したのは、10人の感染者が出た神戸製鋼の担当者だ。昨年12月末の検査…

この記事は有料記事です。

残り1800文字(全文2247文字)

長宗拓弥

1990年、兵庫県生まれ。2013年入社。松江支局を経て大阪本社運動部に異動し、ラグビーやサッカーJリーグなどを担当。ラグビーW杯日本大会や全国高校ラグビー大会(花園)を取材。趣味は筋トレ。ベンチプレスにいそしみ、野球部育ちだが、元ラガーマンと間違われるのがひそかな喜び。

大谷津統一

毎日新聞東京本社運動部。1980年、北海道生まれ。慶応義塾大卒。2003年、毎日新聞社に入社。北海道報道部、社会部さいたま支局を経て、東京本社運動部でプロ野球を担当。13年から中部報道センターで中日ドラゴンズ、陸上競技などを取材し、中日の山本昌投手が毎日新聞に連載したコラム「史上最年長の道」を担当。今は東京本社運動部で、サッカーやラグビーを取材している。

谷口拓未

毎日新聞東京本社運動部。1987年、北海道生まれ。2010年入社。津支局、中部報道センター(名古屋市)を経て、16年10月から現職。17年からパラリンピックを担当し、18年に平昌パラリンピックとジャカルタ・アジアパラ大会を現地取材した。19年はラグビーW杯取材に没頭。甲子園まで「あと1勝」に迫った高校球児の頃から好不調の波が激しい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. 自民・下村政調会長、事業者への支援「義務規定に」特措法改正案

  3. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 対馬の盆踊など、国文化財指定へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです