メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

35歳明瀬山がベテランの味を見せ5連勝 大相撲初場所5日目

豊昇龍(左)を寄り切りで破る明瀬山=東京・両国国技館で2021年1月14日、大西岳彦撮影

[PR]

 約5年ぶりの返り入幕を果たした35歳の明瀬山が、円熟味のある相撲で白星を重ねている。

 立ち合いから、21歳の豊昇龍に攻め込まれたが、慌てることはなかった。腰の重さを生かして土俵際で踏ん張り、じわじわと盛り返す。相手が蹴返しや巻き替えを狙って上体が浮いたのに乗じ、落ち着いて寄って出た。「無我夢中だった。うれしい」と、細い目をさらに細めて汗を拭った。

 愛知県春日井市出身。埼玉栄高、日大と強豪校で鍛え、2008年初場所で初土俵を踏んだ。10年九州場所で新十両となったが、なかなか幕内への壁を越えられなかった。16年春場所でようやく新入幕を果たしたものの、4勝11敗と大きく負け越して1場所で陥落。その後は十両と幕下を行き来した。

 明瀬山は「前に出る体力がなくなった分、右差しを意識している。自分は右差しでしか相撲を取れない」と語る。以前は「攻めが遅い」との指摘を受けてきたが、無理せずに自分の型を作ることを徹底したことで、安定感が増したようだ。4日目に対戦した翠富士は「いつもうまく相手の形にされる。じわじわ攻められる」と熟練の技を評する。

 28場所ぶりの幕内返り咲きは、史上4番目のスロー復帰。最近は若手の活躍がめざましいが、ベテランの技が土俵を盛り上げている。【黒川優】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです