メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴景勝ようやく白星「一生懸命やることしかできない」 初場所5日目

貴景勝(左)が琴勝峰を突き落としで降す=東京・両国国技館で2021年1月14日、宮武祐希撮影

[PR]

 大相撲初場所5日目は14日、東京・両国国技館で行われ、大関・貴景勝が初日を出した。

 苦しんでいた大関・貴景勝がようやく白星をつかんだ。埼玉栄高の後輩でもある21歳の琴勝峰を立ち合いからのど輪で起こし、素早く体を開いて左から突き落とした。4日目までは攻めながらも最後の一押しができなかったが、この日は伸び盛りの若手に対して危なげない取り口を見せ、冷静さが光った。

 先場所で優勝し、初めての綱取りに挑んだ今場所、初日から4連敗。重圧の中で昇進の可能性は消えた。それでも大関の責任を果たすべく、2横綱不在の場所で土俵に上がり続ける。「一生懸命やることしかできない。白星が良いきっかけになれば」と貴景勝。苦い経験を糧に大関は、どう巻き返しを図るか。【石川裕士】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです