メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人残留の菅野、8億円で契約更改 「責任ある投球を見せたい」

契約更改を終え、オンラインでの取材に応じる巨人の菅野=球団提供

[PR]

 ポスティングシステムでの米大リーグ挑戦を目指したものの、合意に至らずに巨人残留を決めた菅野智之投手(31)が14日、契約更改交渉に臨み、日本球界最高となる年俸8億円の1年契約でサインした。昨季までは佐々木主浩投手(横浜=現DeNA)と並んで日本選手最高の6億5000万円だったが、1億5000万円アップ。日本球界最高とされる巨人時代のペタジーニ選手の7億2000万円を上回った。

 今月9日に米国から帰国した菅野は、東京都内の待機先で書面のやりとりなどを通じて交渉した。菅野は「プレッシャーもあるし、金額に見合ったプレーができるように。身が引き締まる思い」と決意を示した。その上で「(子供たちの)野球離れが加速している中、夢のある数字だと思う。自覚のある、責任ある投球を見せたい」と意欲を見せた。

 今季は「目の前の日本一しか考えていない」といい、一人一人のレベルアップが欠かせないと強調。自らについても、「昨年は平均球速も上がったし、突き詰めればもっと上がるイメージがある。まだまだパフォーマンスは上がるし、上を目指せる体だと思っている」と自信をのぞかせた。

 まずは目の前の戦いだが、来オフの大リーグ再挑戦も視野に入れる。「日本一を常に考えて、オフにもう一度、メジャーに挑戦できるチャンスがあれば、またチャレンジしたい」と語った。(金額はいずれも推定)【角田直哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. 自民・下村政調会長、事業者への支援「義務規定に」特措法改正案

  3. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 対馬の盆踊など、国文化財指定へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです