メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の気持ち

今週の気持ちは「コロナの新年」

[PR]

 「女・男の気持ち」(2021年1月7~13日、東京・大阪・西部3本社計21本)から選んだ「今週の気持ち」は、大阪本社版1月11日掲載の投稿です。

  ◆  ◆

<今週の気持ち>

コロナの新年 大阪府豊能町・姫野豊さん(無職・70歳)

 いつもなら子供たちが家族で帰省してきてにぎやかな年末年始が、コロナ禍のため帰省も自粛となり、今年は夫婦二人で静かな新年を迎えた。孫たちとはビデオ電話で話すことができても、なんだか物足りない。

 娘と息子は就職とともに東京勤務となった。とりわけ娘は親元を離れるのは初めてのことだったので何かと気がかりで、春と秋には衣替えの荷物を車に積み、夫婦で高速道路を娘の元へ走ったものだ。

 やがて2人はそれぞれ東京で家庭を持ち、孫もできた。出産、入園、入学など、折々に訪ねて行っては、孫たちと至福のひとときを過ごしてきた。名所にも案内してくれ、その都度、東京での物語に新たな一ページが加わった。

 しかし昨年は、息子の方の、上の孫の小学校入学で、いざ出発という段に東京への往来自粛の要請が出て、残念ながら行くのを断念した。

 20年前、ホームヘルパーの資格を取得するため講習を受けた。そのとき講師が「団塊の世代の皆さんは親の老後の世話をする最後の世代で、子供が親の老後を見ることがない最初の世代ですから、自立しての終活を考えてください」と話をされた。このコロナ禍でその言葉がよみがえる。

 家族それぞれ思いやりを持ちつつも、やがて東京との距離を遠く感じることになるだろう。そんな将来を見据えて暮らしていくことも大事だと考えさせられた。

  ◆  ◆

<担当記者より>

 前回の「今週の気持ち」もコロナ禍による年末年始の帰省自粛の投稿(東京本社版)が選ばれましたが、大阪本社にも帰省自粛をめぐる投稿が多数届きました。それ以前にも、入院中の友人や介護施設に入っている親と面会できずに寂しいとか、遠くの親族の葬式に参列できなかったいう投稿もたくさんいただいています。

 姫野さんの投稿には、介護保険制度が始まった頃に受けたホームヘルパーの研修の体験が記されていました。コロナの「コ」の字もない時代に、今後は親子の関係が疎遠になっていくと指摘した講師の言葉を思い起こしたそうです。

 コロナに振り回される人間社会。やがては克服するのでしょうが、コロナ後の世界は、コロナ前とは違った景色に見えるかもしれません。「人の幸せとは?」「家族の幸せとは?」。そして、「私の幸せとは?」--そんな根源的な問いかけにも思いを致しました。

 みなさんからのコメントもお待ちしています。コメントはこちらからどうぞ

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです