東日本大震災10年

被災者を「家族と思って」 人に寄り添い後輩育成 海保・機動救難士 車田務さん /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
訓練でペアの若手隊員に指示する海上保安庁の機動救難士・車田務さん(右)=宮城県七ケ浜町で
訓練でペアの若手隊員に指示する海上保安庁の機動救難士・車田務さん(右)=宮城県七ケ浜町で

 高度な技術を持つ海上保安官が所属し、海難事故や災害現場に出動する海上保安庁の特殊救難隊(東京都大田区)は、東日本大震災で行方不明者の捜索に当たった。当時、隊員だった車田務さん(40)=仙台市=は現在、救助・捜索対象を家族と思って接するよう後輩に伝えている。

 「海上保安庁です。ちょっと待っててね、すぐ行きます」。昨年11月下旬、海風が吹き付ける七ケ浜町の断崖一帯に、車田さんの大きな声が響いた。崖下の陸地に男性が孤立した想定での救助訓練。ペアを組む若手隊員と声を掛け合い、カラビナやロープなどの道具を素早く選ぶ。崖を下りた後輩が男性を担架に乗せると、車田さんが慎重に引き上げた。

 人命救助は任務の一環――。そう思っていた仕事との向き合い方は2011年3月、娘が生まれ父親になって変わった。誕生翌日に震災が発生、その後、捜索のため東京から宮城県に派遣された。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文801文字)

あわせて読みたい

注目の特集