矢板市 県派遣医師に補助金 人材確保、新年度から /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 矢板市は14日、地域医療体制を守るため、市内の公的医療機関に派遣された県採用医師に対する補助事業を2021年度から県内で初めて導入することを明らかにした。新年度当初予算案に事業費120万円を盛り込む。斎藤淳一郎市長は「新型コロナウイルスへの対応もあり、医師確保に努めたい」と話した。

 県は医師不足対策として、ドクターバンク…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文344文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集