メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺伝子検査、根拠開示指針 消費者保護ルール 経産省

経済産業省は遺伝子検査を5段階に分類することを検討している

 経済産業省は生活習慣病などのリスクを調べたり、性格分析をしたりする遺伝子検査サービスを提供する事業者に対し、科学的根拠となる学術論文を消費者に開示するよう求めるガイダンス(指針)を今年度中に策定する方針を固めた。遺伝子検査サービスはインターネットで簡単に業者とやり取りできるものが多いが、医療関係者らの間には根拠を疑問視する意見があり、一定のルール作りが必要と判断した。検査の透明化を図ることで消費者保護につなげる狙いがある。

 経産省の2015年度の調査によると、スイスやドイツなどは消費者向けサービスを禁止している。他の欧米諸国も規制を強化する流れにあるが、日本は業者の対応に委ねられているのが実情だ。

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです