連載

余録

毎日新聞朝刊1面の看板コラム「余録」。▲で段落を区切り、日々の出来事・ニュースを多彩に切り取ります。

連載一覧

余録

日本のヤマタノオロチのような多頭ヘビの神話は…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本のヤマタノオロチのような多頭ヘビの神話は、古代メソポタミアの7頭ヘビ、ムシュマフをはじめ世界的に分布する。ギリシャ神話に出てくる9頭のヒュドラは有毒、うち一つの頭は不死という凶暴な怪物だ▲他の頭も切れば傷痕から二つの頭が生えてきた。英雄ヘラクレスはその傷口を焼いて再生を防ぎ、不死の頭は地中に埋めて大岩で封じ込めた。倒したヒュドラの毒は武器に利用したヘラクレスだが、結局はこの毒で自分も命を落とす▲任期切れまで1週間での弾劾訴追(だんがいそつい)も、何やら再生を阻む大岩の封印と見えなくもない。米連邦議会議事堂乱入をめぐる米下院のトランプ大統領弾劾訴追決議である。トランプ氏は2度目の弾劾訴追を受けた米史上初の大統領となった▲選挙結果を認めない支持者に議会への行進を促した演説などを「反乱の扇動」とする同決議だ。採決では共和党からも10人が賛成に回った。ことが選挙結果の暴力的転覆という“猛毒”では、与党議員ものみ込めないということだろう▲ただ上院の弾劾裁判は大統領の任期満了までに開かれる見通しはない。裁判開始はその退任後となるが、民主党があくまで有罪評決を求めるのはトランプ氏の再出馬を封じる狙いだろう。氏とその支持勢力の生命力はヒュドラ並みか▲なにしろ従来の米国の理想や民主政治の原理をあざ笑う毒気を米社会に浸透させたトランプ政権だった。それを退治する側も米社会の分断の深化、固定化という中毒症状にのみ込まれぬように願いたい。

あわせて読みたい

注目の特集