メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

社会人野球、オフシーズン何するの? 地域貢献やキャンプ 社業専念するチームも=回答・森野俊

野球教室で小学生を指導するホンダの選手(奥)=2020年1月19日(ホンダ提供)

 なるほドリ プロ野球で自主トレが始まったと聞いたけど、社会人野球の選手はオフシーズンはどうしているの?

 記者 各チームは例年、11月に行われる日本選手権(にほんせんしゅけん)の閉幕(へいまく)をシーズンの終わりと位置づけています。昨年は東京オリンピックが開催予定だったため日程が変わり、11、12月の都市対抗(としたいこう)とともにシーズンを終えました。オフの過ごし方はチームによってさまざまですが、勤務時間は増える場合が多く、地域貢献(ちいきこうけん)活動やキャンプを行うなど、大会の多いシーズン中とは違った日々を送ります。

 Q 都市対抗出場チームはどうしているの?

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです