メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊手術の実態調査 産科医ら検証 旧優生保護法下

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、日本産科婦人科学会(日産婦)が旧法の検証を行う検討委員会を設置したことが14日、関係者への取材で分かった。旧法下で手術を執刀した産婦人科医の視点から問題を分析し、再発防止のため歴史を後世に伝えることが狙い。一般会員ら約1万6000人にアンケートを実施するなどし、早ければ3月までに検証結果をまとめる。

 関係者によると、検討委を設置したのは2020年9月で、委員は日産婦の役員ら計11人で構成している。全会員1万7152人(21年1月時点)のうち、学生会員などを除いた一般会員1万5767人や、学会に貢献した名誉会員約100人を対象として、旧法への認識や執刀経験の有無、当時の思いなどを尋ねる。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “耳寄り”な話・TBSラジオ 「生活は踊る」 今春5周年

  2. けいざいフラッシュ 日本酒の新価値創造へ

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 内閣府新庁舎に473億円 「霞が関最後の一等地」に計画 コロナ禍、必要性に疑問も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです