上川法相、養育費不払い問題で民法改正を法制審に諮問へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
法制審議会への諮問について説明する上川陽子法相=東京・霞が関の法務省で2021年1月15日、村上尊一撮影
法制審議会への諮問について説明する上川陽子法相=東京・霞が関の法務省で2021年1月15日、村上尊一撮影

 上川陽子法相は15日、父母の離婚に伴う子の養育の在り方に関する法制度の見直しを2月の法制審議会(法相の諮問機関)に諮問することを明らかにした。子と別居する親による養育費の不払いを解消したり、離婚時の取り決めを促したりするための民法改正などが論点となる見込みだ。

 民法は、離婚時に養育費や別居する親子の面会交流などを父母の合意で取り決めると規定。ただし強制力はなく、2016年の厚生労働省の調査によると、養育費の取り決めをしたひとり親世帯は、母子世帯で42・9%、父子世帯で20・8%にとどまる。不払いも横行し、約140万のひとり親世帯のほぼ半数が、相対的貧困状態とされる。

 法務省の有識者会議が20年12月にとりまとめた報告書は、養育費に関して民法に請求権を規定するなど、子の権利として明確化することの検討を求めた。離婚届と合わせて養育費の取り決めを届け出れば、メリットとして取り決めに執行力を付与する制度や、強制執行手続きの負担を軽減する措置も検討項目に挙げられており、法制審は議論の参考とする。離婚後も父母双方が養育に関わる共同親権を導入するかどうかなど、親権や監護権…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文824文字)

あわせて読みたい

ニュース特集