都立高の水泳授業事故、正式裁判に 東京簡裁が略式起訴「不相当」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京地検が入る庁舎=金寿英撮影
東京地検が入る庁舎=金寿英撮影

 2016年7月、東京都立墨田工業高の男子生徒が水泳の授業中の飛び込みで首の骨を折った事故で、検察が業務上過失傷害罪で略式起訴した男性教諭(48)について、東京簡裁が略式命令を不相当と判断し、正式裁判を開くと決めたことが東京地検への取材で分かった。

 教諭は16年7月14日、授業中に当時3年の男子生徒…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集