三重県立総合医療センターで不正請求112件 診療報酬巡り数千万円か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
診療報酬の不正請求について謝罪する三重県立総合医療センターの新保秀人理事長・院長(右)ら=津市の三重県庁で2021年1月15日午前11時、谷口豪撮影
診療報酬の不正請求について謝罪する三重県立総合医療センターの新保秀人理事長・院長(右)ら=津市の三重県庁で2021年1月15日午前11時、谷口豪撮影

 三重県立総合医療センター(同県四日市市)は15日、2014~20年に実施した産婦人科での保険適用外の腹腔(ふくくう)鏡手術112件について、開腹手術として診療報酬を不正請求していたと発表した。同センターによると、不正請求額は数千万円に上るとみられる。県庁で記者会見した新保秀人理事長・病院長は「医師の診療報酬制度に対する理解不足があり、学会の示す指…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集