特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで変わる世界

国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

インタビューに答える小谷賢・日本大学危機管理学部教授=東京都世田谷区で2020年12月23日、尾籠章裕撮影
インタビューに答える小谷賢・日本大学危機管理学部教授=東京都世田谷区で2020年12月23日、尾籠章裕撮影

 新型コロナウイルス禍では、世界中でインフォデミック(偽情報の拡散)が起きた。インフォデミックに有効な対策とは何か。日本大危機管理学部の小谷賢教授(インテリジェンス研究)に聞いた。【聞き手・吉川雄策】

 ――なぜ、インフォデミックが起きたのでしょうか。

 ◆かつて、情報は記者など専門家を通じて整理され、発信されていた。だがソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が発達し、一般の人が生情報をそのまま受け取り、自分で判断したり、「いいね!」を付けて拡散したりするようになった。一般人の多くは情報の書き手や信頼性について確認していない。そうした状況下でデマや根拠のないうわさが混じり、インフォデミックにつながっている。

 ――誰かが意図的に偽情報を作っているのでしょうか。

 ◆ロシアなどは、国ぐるみでプロパガンダ(政治的宣伝)や偽情報を作っているとみられる。日本で組織的なものはないとみられ、基本的に個人が愉快犯としてやっている。だが、…

この記事は有料記事です。

残り2676文字(全文3094文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集