外出自粛でも「昼飲み」はOK? 宣言再発令、なぜちぐはぐな対応が生まれたのか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急事態宣言再発令後、初めて迎えた週末に銀座を歩く人たち=東京都中央区で2021年1月9日午後1時25分、宮間俊樹撮影
緊急事態宣言再発令後、初めて迎えた週末に銀座を歩く人たち=東京都中央区で2021年1月9日午後1時25分、宮間俊樹撮影

 夜はダメでも、「昼飲み」ならOK――? そんな間違った“解釈”が広がっているようだ。政府は8日に首都圏の1都3県で緊急事態宣言を再発令し、13日には大阪、愛知、福岡など7府県に広げた。ただ、要請の際に「夜間の自粛」が前面に出されたこともあり、11日までの3連休の日中の人出は、昨年の緊急事態宣言後を大きく上回った。なぜこんなちぐはぐなことになってしまうのか。危機時の情報伝達について研究するリスクコミュニケーションの専門家に、宣言後の現象について読み解いてもらった。【吉田卓矢、坂井隆之/統合デジタル取材センター】

ランチビールで送別会 「昼ならいいと思って」

 それは違和感のある風景だった。首都圏で緊急事態宣言が出た1月8日、東京・千代田区のJR駅そばのレストラン。4人の男性がビールなど片手にランチを楽しんでいた。聞くと、4人は同じ会社の同僚。このうち1人が転職するので、その送別会だという。

 40代の男性は「本当は夜にやる予定だったけど、緊急事態宣言で『飲食店営業は8時まで』と聞いたので、昼に変えました」。夜でも昼でも感染リスクは変わりないはずだが、「大人数ではないし、時間も夜に比べたら短時間。政府も完全に会食をやめろと言っているわけではないですよね……」と苦笑いを浮かべた。会社には内緒だという。

 見れば、店内は午後1時を過ぎても半分以上の席は埋まっており、会社員や家族連れが食事を楽しんでいた。ワインを手にしている客もいる。「親しい者同士で昼ならOK」という暗黙のルールがあるかのようだ。緊急事態宣言の初日という緊張感は感じられなかった。

 こうした状況はデータでも裏付けられる。9日から始まった宣言直後の3連休の人出のデータによると、日中の人の流れは昨年4月の緊急事態宣言発令直後に比べて大幅に上回った。ツイッター上では「『夜20時以降の外出は控えましょう』では、そりゃ日中の…

この記事は有料記事です。

残り2728文字(全文3523文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集