東日本大震災10年

海のがれき、なお490トン 2019年度以降、福島・宮城の漁業者回収 大熊、双葉に未着手海域も /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮城県気仙沼市の気仙沼湾で引き揚げられた観光船の残骸=2019年(同県提供)
宮城県気仙沼市の気仙沼湾で引き揚げられた観光船の残骸=2019年(同県提供)

 東日本大震災で海に流れたがれきについて、福島、宮城両県の漁業者が2019年度以降、490トン超を回収していたことが、自治体や漁協への取材で分かった。発生から10年が近づく中、漁場の底に沈んだり、漁網に引っ掛かったりする例が依然あるという。両県の要望を受けた政府は21年度以降も撤去の財政支援を継続する方針だ。

 環境省の推計では岩手、宮城、福島の3県から海に流れたがれきは約500万トンで、うち約7割が海底に堆積(たいせき)した。水産庁によると、18年度までに漁業者が撤去したがれきは畳や車、家電製品、木材など約10万4000トン相当に上る。宮城県によると、沿岸に近い養殖や定置網の漁場では、ほぼ撤去されたが、沖合の底引き網に入り込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1612文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集