特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

川本三郎・評 『池田理代子第一歌集 寂しき骨』=池田理代子・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
『池田理代子第一歌集 寂しき骨』
『池田理代子第一歌集 寂しき骨』

 (集英社・1870円)

父母を詠み、自らを歌う

 「ベルサイユのばら」「オルフェウスの窓」で知られる漫画家、池田理代子は四十代で突然、オペラ歌手になって世を驚かせた。いま七十代になって、はじめての歌集を出版、また世を驚かせる。

 この歌集が素晴しい。こんなにも素直に、熱く自分を語れることに心ゆさぶられる。

 池田理代子は一九四七年生まれ。父親は戦争を経験している世代になる。実際、父親は兵隊に取られ、中国、南方の島で一兵士として戦い、奇跡的に生還した。そして戦後、結婚し、池田理代子が生まれた。

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1360文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集