「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野太郎・行政改革担当相=矢頭智剛撮影
河野太郎・行政改革担当相=矢頭智剛撮影

 毎日新聞と社会調査研究センターが16日に実施した全国世論調査では、携帯電話での回答者711人に「次の衆院選後の首相にふさわしいと思う人」の名前を1人挙げてもらった。トップは85人が挙げた河野太郎行政改革担当相、2位には僅差で石破茂自民党元幹事長が入った。同じ質問をした昨年11月の調査で1位だった菅義偉首相は3位に陥落した。

 衆院議員の任期は10月までで、菅首相がいつ解散・総選挙に踏み切るかが今年の政局の焦点となっている。9月には自民党総裁選も想定される。内閣支持率が急落する中、次期首相レースの行方がにわかに見通しにくくなってきたことが調査結果に表れたようだ。【大隈慎吾】

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文569文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集