米USTR「ベトナムの通貨政策は不当」 制裁関税は見送り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米通商代表部(USTR)は15日、ベトナムの通貨政策が不当だとする調査結果を発表した。輸出に有利な自国通貨の安値誘導などで米企業に悪影響を与えたと批判したが、対抗措置となる制裁関税の発動は見送った。

 貿易赤字を問題視するトランプ政権は、安価なベトナム製品の輸入増に不満を示していた。ライトハイザー代…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集