オランダ内閣総辞職 育児手当の不当返還問題で引責 1万世帯から数百万円

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オランダのルッテ首相=首相官邸で2015年、藤井太郎撮影
オランダのルッテ首相=首相官邸で2015年、藤井太郎撮影

 オランダのルッテ首相は15日、ウィレム・アレクサンダー国王に内閣総辞職の意向を伝えた。税務当局が育児手当を約1万世帯に不当に返還させていたことが発覚し、責任を取った。オランダでは3月に任期満了に伴う下院選が予定されており、それまでルッテ氏が暫定内閣を運営する見込みだ。

 ロイター通信などによると、税務当局は2…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文345文字)

あわせて読みたい

注目の特集