米議会襲撃で検証チーム ペロシ下院議長「議員も訴追対象」 独立調査委も検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米連邦議会議事堂に押し寄せる集団と、阻止を試みた警官隊=ワシントンで2021年1月6日、AP
米連邦議会議事堂に押し寄せる集団と、阻止を試みた警官隊=ワシントンで2021年1月6日、AP

 トランプ米大統領(共和党)の支持者が昨年11月の大統領選の結果確認阻止を狙い連邦議会議事堂に乱入した今月6日の事件を巡り、ペロシ下院議長(民主党)は15日、発生の経緯や警備状況を検証する考えを示し、オノレ退役陸軍中将が検証チームを率いると発表した。更に事件を総合的に検証する独立調査委員会の設置にも意欲を示した。

 ペロシ氏は記者会見で「議会の機構全体を対象に検証しなければならない。(事件は)民主主義への攻撃だった」と強調した。オノレ氏は2005年のハリケーン「カトリーナ」災害で軍対応の指揮を執った。乱入事件については議会警察の対応が「無能か共犯だったかのどちらかだ」などと厳しい発言をしている。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文587文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集