ドイツ与党党首に選出のラシェット氏、人気欠く「ポスト・メルケル」なお曲折

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドイツ与党・キリスト教民主同盟(CDU)の新党首に選出されたラシェット氏=AP
ドイツ与党・キリスト教民主同盟(CDU)の新党首に選出されたラシェット氏=AP

 ドイツのメルケル首相が所属する与党・キリスト教民主同盟(CDU)の党首選が16日、オンラインで行われ、国内最大人口州ノルトライン・ウェストファーレン州のアルミン・ラシェット州首相(59)が選出された。メルケル氏が9月の連邦議会選後に引退することを受け、次期首相の有力候補となる。ただラシェット氏は国民的な人気には欠けており、CDUの姉妹政党の党首を統一候補として推す声も根強く、首相後継レースはなお曲折が予想される。

 ラシェット氏は昨年、同州内で発生した新型コロナウイルス集団感染への初動対応が遅れ、指導力に疑問符がついた時期もあった。だが…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文879文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集