受験日の風物詩「激励」も自粛 緊急事態宣言下で近畿の私立中入試始まる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中学入試の受験会場に入る受験生=大阪市天王寺区の四天王寺中で2021年1月16日午前7時52分、野口由紀撮影
中学入試の受験会場に入る受験生=大阪市天王寺区の四天王寺中で2021年1月16日午前7時52分、野口由紀撮影

 近畿2府4県では16日、私立中学校の入試が一斉にスタートした。各校は新型コロナウイルスの感染防止策に追われ、グループ面接を中止する動きがあるほか、受験シーズンの風物詩になっている塾関係者の「激励」も自粛が目立つ。緊急事態宣言が出された大阪府では56校で実施され、志望校の合格を目指す小学6年生がマスク姿で試験に臨んだ。

 四天王寺中(大阪市天王寺区)はこの日朝、校門前で検温を実施。受験生らは発熱がないことを示す「検温確認テープ」を手首に巻いてもらうと、緊張した表情で校内に向かった。同校では受験生が感染で欠席したり、検温で発熱が確認されたりした場合は2週間後に追試を受けられる機会を設けている。受験する大阪市港区の女子児童(12)は「早く寝て、よく食べ、手洗いうがいをしっかりして体調を整えてきた。今日を迎えられて少し…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文668文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集