特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで変わる世界

町山智浩さん「一発当てて大もうけ」起きにくくなる コロナが映画に与える影響とは

映画評論家の町山智浩さん=本人提供
映画評論家の町山智浩さん=本人提供

 新型コロナウイルスの流行は米国や日本の映画産業にどんな影響を与えるのか。日米の映画界に詳しい米国在住の映画評論家、町山智浩さん(58)に聞いた。【聞き手・ロサンゼルス福永方人】

 ――米国ではコロナ禍による映画館の閉鎖で、動画配信サービスを通じて映画を自宅で鑑賞する習慣が広がっています。映画館の再開後、観客は戻るでしょうか。

 ◆迫力のある大作映画は、大きなスクリーンと優れた音響設備のある映画館の方が楽しめるので、大型映画館の観客はある程度、戻るだろう。スケールの大きなアクション映画を自宅やスマートフォンで見るのはもったいない。一方、中規模以下の独立系の映画は配信が主体になっていくとみられる。ネットフリックスなど配信大手は新型コロナ流行前から独立系の映画を次々と買い取っており、コロナ下の会員増加を追い風に買い取りをさらに強化すると予想される。これまでそれらの映画を上映してきた中小の映画館は元々赤字経営の所が多かったが、長期閉鎖の打撃に加え、上映できる作品が少なくなる。さらに、平日昼間の主要な客である高齢者は感染への警戒から来館を避ける可能性があるため、多くが倒産してしまうだろう。つまり、作品の規模やイベント性によって鑑賞方法のすみ分けが進むということだ。

この記事は有料記事です。

残り1590文字(全文2124文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集