特集

サッカーキング

株式会社フロムワンのサッカー情報サイト「SOCCER KING」から、コラム、選手インタビュー、試合リポートなどサッカーにまつわるあらゆるニュースを配信。

特集一覧

サッカーキング

合意間近との報道も…バルサは今冬のE・ガルシア獲得を断念、夏にフリーで獲得へ

情報提供サッカーキング

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マンチェスター・CでプレーするE・ガルシア [写真]=Getty Images 拡大
マンチェスター・CでプレーするE・ガルシア [写真]=Getty Images
 マンチェスター・Cに所属するスペイン代表DFエリック・ガルシアのバルセロナ移籍は、今冬は実現しない模様だ。15日、スペイン紙『アス』が報じている。

 昨夏の移籍市場でもE・ガルシアの獲得に動いたバルセロナ。ユース時代を同クラブで過ごした20歳と所属するマンチェスター・Cの契約は6月で満了となるため、今冬の獲得交渉は有利に進められており、1月中のバルセロナ移籍は間近だとする報道も出ていた。しかし、その状況は一変したようだ。スペイン紙『アス』は一転、今冬の移籍の可能性はなくなったと伝えている。

 ここにきて状況が変化したのはバルセロナサイドだ。次期会長候補に挙がっている人物のうち3人が、今夏でフリートランスファーとなるE・ガルシアを今冬獲得することに反対。クラブはこれを受け、正式に今冬のE・ガルシア獲得をやめ、夏の移籍市場でフリーで獲得する方向へと舵を切ったと見られている。

 オスカル・ミンゲサらの台頭があるとはいえ、ジェラール・ピケやサミュエル・ユムティティの負傷、クレマン・ラングレの不調もあり、今冬のCB獲得が濃厚と見られていたバルセロナ。シーズン後半の戦いをどのように乗り切っていくのか、注目が集まる。

【関連記事】
手倉森監督率いるベガルタ仙台、新たなスタッフ体制と背番号を発表
柏が新体制を発表…アンジェロッティ、ドッジら新加入選手の背番号も決定
積極補強の清水、2021シーズンの背番号発表! MF原輝綺が「4」、GK権田修一は「37」
マンUブルーノ、2カ月連続のプレミア月間MVP! 同一年内に4度の受賞は史上初
元マンUのルーニー、事実上の現役引退…英2部ダービーの監督に正式就任

あわせて読みたい

注目の特集